恐怖の色は

0


    毎日が
    怖くて怖くて
    ピンク色なので
    ホラー映画が観れないし

    毎日が
    怖くて怖くて
    自分がピンク色なので
    ずっとピンクを好きになれなかったのかもしれない



    抜糸と美術館

    0


      抜糸後、横浜美術館へ。



      装うことの喜び。と。
      そうなんだよな。

      収穫あった。
      いろいろ。

      怖い、は意外とピンクかもしれないな。
      今すごく眠い。







      越えたい壁と親知らず

      0


        音だと平気なのに、声になると途端に恥ずかしくなるのはなんででしょう。
        見られるのは平気になったし、さらけ出して生きているつもりだし、何か考えるのも好きだけど、たぶん見られている中でその場で考えて発表しろって言われたら、
        考えられなくなっちゃう。

        何も違わないはずなのに何かが違う。
        何を考えてしまうんだろう。勝手に守りに入ってしまう、守るものとは。いつも笑われにいってるはずなのに。何も無い私に、隠さねばならないものなど無いはずなのに。おかしなことです。
        短時間で文章を正確に記憶しておくこともできず、私には演劇ができなかった。
        中学校の出し物で演劇をやるってなった時は、本見ながらやれてたくさん喋れるナレーション役を選んだなぁそういえば。変わらないなぁ。何も変わっちゃいない。まったく。良くないことです。
        (逆に考えると、1年の頃のそれがあったから、3年の時に朗読を勉強してみようとなったのかも。今思い出しました)

        出来ないことを認めることしか出来ていない。ここは普通の生活をしていればいい場所ではないはず。越えねば。


        親知らずの手術しました。
        痛いのがすごく苦手でいろんな方法を悩みに悩んだのですが、金属アレルギーもあったため結局普通に顎の骨削ることに。
        かなり難しいものだったのでバラバラ。
        今まで共に生きてきたし捨てるなんてできない、親知らずちゃんは持ち帰り、標本にするため、貝や骨の要領でタンパク質分解ポリデントしてます。
        一個はアクセサリーにでもしようかな。

        思い出の親知らず、持ち歩けるかたちに加工します屋さんできそう。


        手術前、食べられない日々を乗り越えるために好きなチョコソフトクリームを食べた。


        わたし

        0


          私はドラえもん。
          ヒトであり、
          ホモ・サピエンス・サピエンスであり、
          女であり、
          ドラえもん。

          私はわたしのドラえもん
          貴方はあなたのドラえもん
          わたしは貴方のドラえもん
          あなたは私のドラえもん

          今、地球に住む ひとり と ひとり



          虫夢虫展、新商品、デザフェス、近況など

          0
            こんにちは。
            お拾いものです。

            最近ブログが日常ばかりでかなり謎だと思うので、
            近況など。

            虫夢虫展、参加してくださる方が増えました!
            ギャラリー内、具体的にディスプレイを考えるために採寸しに行ったりもしています。

            新商品も出します。
            カメムシ目スタンプは少しリニューアルして種類も増えます。
            また、カメムシ目の模様紙もご好評いただき在庫切れとなったので、こちらもどーんと種類増やしてます!

            あとはとても謎のものを作っていますよ…
            とりあえず私が欲しいので作ってます…

            5/27-28のデザインフェスタは工房うむきさんのところで1ブースいただくことになっているので、
            そこでお披露目できるよう制作がんばります。

            どうか遊びにきてくださいまし!!

            思い出

            0

              先日、
              過去の私を救いに行ってきました。

              土地に対しての嫌な気持ちはもう何も無く、当時の細かいことが思い出されても完全に思い出として、懐かしむことが出来たという事実は、それを確認できたことは、今の私にとっての救いでした。

              この歳まで生きていればそれなりの事もあるわけで、
              うまくいかなかったことなども、まあまああったけれど、
              今こうして精神面でかなり楽しく生きていられるのはありがたいことです。

              いろいろなものが変わりました。
              直感を信じる事もできます。

              どれもこれも今生きている私のために経験してきた事なので、きちんと成仏させてあげたくもあり。
              もう一個も最後まできちんと処理できるように、いつか。きっと、今回と同じようにそういう日がきます。

              不思議な出来事が多いです。
              違和感が無いので、そのまま進みます。

              きっとまだまだ楽しい事がありますね。
              自分自身に期待しています。


              歯車が噛み合う

              0

                この世界はもうあなたのものだよ

                見ていよーっと



                朗読と台詞

                0


                  むちゃくちゃ懐かしいものが出て来ました。


                  確かに最近まで忘れていたと言えばそう。
                  やっていたということだけが頭にあるだけでした。
                  中学3年から、高校3年の途中までだったと思います。なかなかに長く、なかなかにいい時期だったかもしれません。

                  忘れていた、けど、
                  この経験、確実に体の中にあって私を形成している、はずであり、
                  興味があることは可能ならばやっておくのがいいなぁと、思いました。


                  虫と恐怖

                  0

                    人は概念に恐怖する。

                    と、虫を通して人を見ると思う。


                    プラタナス

                    0

                      だって静かにしてないと
                      ドキドキしちゃうんだものレンゲソウ
                      ブーゲンビリアに恋をして
                      明日はきっとカランコエ
                      ルピナス ネムノキ フウセンカズラ
                      風に吹かれてホトトギス
                      ブルーベリーの花が咲き
                      季節は本当はいつだってヒマワリ
                      ラナンキュラスなクルクマは
                      レモンの香り ヤドリギの下





                      ■profile

                      ■calendar

                      S M T W T F S
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      30      
                      << April 2017 >>

                      ■お拾いものオンラインショップ

                      お拾いものオンラインショップ
                      虫もの中心に販売中。

                      ■selected entries

                      ■リンク

                      ヨコタケイblog→翅とガラス
                      ステンドグラスの技法を使って、虫の翅など作られています。 「お拾いものとヨコタケイ」という名前で、一緒にイベントに参加したり。

                      ■categories

                      ■archives

                           

                      search this site.

                      recent comment

                      • 春の花咲く物語展~4/27まで
                        SuzyHill

                      mobile

                      qrcode

                      PR