オナガミズアオのストール

0


    体当たりでさらけ出してる人には、 気持ち悪いくらいすごいって言いたくなるものでしょうか。

    そこまでやっちゃうなんて…越えちゃうなんて…突き抜けている、あり得ないよ…最高だ、という意味で。
    たぶんどこの界隈でも褒め言葉として使われていると思います。

    弱さをさらけ出すに至れる強さ。
    自分が自分であると認めないと出来ない。弱いところが自分ではっきりと見えてきてしまうから、それはとても苦しくて逃げたくて難しくて、なかなかできるものじゃないはずで、
    かなりの精神力が必要だと思います。
    自分から出てきた何にも向き合って、衝撃にも耐え、まとめあげて、さらには自ら大公開してしまう。
    それが出来るのは相当にすごい。想像超えてすごい。ぶっ飛んでる。人間超えた。進化しちゃう。
    素晴らしいと思う。

    そういう作品を見ると、その突き抜けたエネルギーに感化されて、
    少し小さくなってしまった火がチロチロ風に吹かれて方向が定まらないような心持ちの時も、しっかりと燃える一本の薪を貰ったみたいに、どっしりと現れた安心感で、自分の中にあったはずなのに暗くなってしまって見えなくなってた大きなものが、ちゃんと見えるようになって、
    さあーーやるぞ!ってなります。
    加速する空気の流れに、巻き込まれてぐぐっと引っ張られて持ち上げてられて、知らない世界を見せて貰えた気持ちです。

    私も、誰かに届けたいです。
    良いと思ってもらえるものを。
    どなたかに気に入って貰えますようにと、願いながら作ります。
    あなたに届けと。
    丁寧に。


    今、オナガミズアオのストールを作っています。
    染色です。
    手で糊の線を入れていき、染料を刷毛で刷り込み、反応させ色を定着させます。
    ハイカラ雑貨店ナツメヒロ
    「ぬぐうもの」展でお披露目予定です。
    7月8日〜31日

    作るとは、苦しい事も多いですが、それ以上に楽しこともいっぱいあります。
    だから続けていられます。
    どうもありがとうございます。

    私もいつか、エネルギーをあげられる人になれたらいいです。
    どうかご覧いただけますように。


    家の中の家

    0


      ケージを片付けることにしました。
      たぶん、私にはもう飼えない。


      必要なもの

      0


        あんなに、毎日一緒にいたのにもう、
        こんなに会わない時間が経っちゃって千秋は、
        私のこと忘れちゃってるかもしれないな。

        千秋ちゃん最期の、私の声は聞こえてたかな。

        泣いちゃうよ。


        夕焼け

        0


          どこまでも君のことしか
          考えられなくなりたいよ



          と君が言うので



          横浜の地図

          0
            昔の絵図を買いました。
            過去にはこういった絵図の企画展に行っても、そのものを複製して販売している商品はあまりなかったので、ここぞとばかりに…


            横浜都市発展記念館で開催中の、「ようこそ!横浜地図ワールドへ」という展示に行きました。

            昔の地図を見ると泣きそうになるんです。展示中もうるうるしてました。
            それは、そこに住んでいたであろう人の意識に瞬間的になってみたり、作られた時代を想像したり、今に続いてきた過程と今がある理由を知るからでもありますが、そういった情報が、手描きで描かれた絵や文字、見え隠れする作者の癖、印刷の色味、質感から、直接感じ取れるというのもあると思います。

            手描きって、手書きって、そういう魅力があります。
            だから私は手書きが好きです。癖が出ている字も好きです。
            分かりやすさばかりが重要視され、そういう情報はいらないものとして一切削ぎ落とされた今の印刷物は、もちろん素晴らしい進歩ではあると思うけれど、少し残念に思う部分もあります。

            常設展示。横浜の歴史。
            伊勢佐木町のオデヲン座が映画の封切館であったり、百貨店が立ち並び街には人々が溢れていた頃。
            今から見る昔。華やかな中には、悲しみや汚さなども含まれていると感じられもする。

            もしその場に生きてたとしても、実際にその時代を知らない私のように、今の多くの人が抱くこういった印象を、同じように持つことは出来ていないだろう、とそんなことを思って。

            最近、こういった昔の伊勢佐木町の街から感じるような、奇妙さや怖さの混じった古臭い感じが好きになっています。興味。
            おしゃれに着飾っても土埃、みたいな。
            表と裏が非常に近いところで接している感じ。

            でもそれって、そういうのに惹かれる感覚って、そういう生活じゃないから言えるんだろうと思います。結局、自分がそこにいないから。別物だから言えるんだと。

            懐かしむとは違う。
            とても無責任なものなのだと思う。
            そう気付きました。

            まあ別にそれでいいんです。
            知らないことは印象でいい。想像でいい。
            ただ、当たり前ですが、ちゃんと、その時代に生きてた人も、作ってきた人も、今電車で隣に座る知らない人も、目の前に居る自分と違う職業を持つ人も、
            自分と別世界の人間ではないとちゃんと心に留めておくべきですね。


            企画展の方で、横浜市の区の変遷の映像があったのですが、横浜に住んでたけど未だによく分かっていなかった身としては、大変分かりやすくて良かったです。

            展示は全て撮影不可でした。
            残念。
            発掘されたマンホールの実寸大復元模型?は中に入れるので面白かったですよ。




            よ〜こす〜かから〜しおいり〜おっぱま〜

            0


              新しく昔の歌を知りました。

              大丈夫。
              飛べる世界。飛ぶ、飛んでいる。
              そう、私は見た。

              心配はいりません。 私は変わっていません。
              これからも変わりません。
              変化もするし進化もしますが、
              絶対に変わらないものがある。

              それだけはわかるんです。
              みんなきっと、そう思うものを心に抱きしめて生きているんでしょう。
              手を繋いで。

              ハイカラ雑貨店ナツメヒロで開催中のハイカラ百貨展で、かわいいカードを見つけました。
              ぐっと惹かれて買いました。



              以上、現場からお伝えしました。


              空気と水、におい

              0


                今、私の心はとても落ち着いている。
                安心している。

                いろんな音が穏やかに聞こえる。
                遠くの音も美しい。

                給水した。
                気持ちがいい。

                優しい気持ち。
                安心している。

                この安心が、あなたの感じているものならばいいなぁと思う。


                fep pop up maeket #4

                0


                  こんにちは。
                  お拾いものです。

                  本日はイベント参加のお知らせです!

                  fep pop up market #4
                  「昆虫・虫」
                  7/15(土)11:00〜17:00



                  お拾いもの参加させていただきます。
                  カメムシ目もようがみや、間に合えば「新・みどりの蛾てぬぐい」も持っていきます。
                  宜しくお願い致します!

                  みのむし商店さんもいらっしゃる〜
                  嬉しい!

                  最寄りは世田谷駅(世田谷線)か梅ヶ丘駅(小田急線)です。
                  イベントには食べ物の販売もあるそうです。

                  世田谷線…かわいい…乗りたい…
                  一日乗車券買って、お散歩するのもいいかもしれませんねぇ。
                  ぜひ遊びにいらしてください♪
                  お待ちしております〜




                  見えるもの 何が映りますか

                  0


                    自分が今の自分であることを
                    過去から続いた現在の自分であることを、
                    自分のためだけに忘れたふりをして、

                    その間にあった出来事を
                    今置かれている事実を
                    そこにいる人を
                    見ないこと、無いことにして、
                    他人になんとなくで遊ぶフリを仕掛けるのは、
                    好きじゃ無いな。

                    生物としての
                    人間を超えられる環境にあるのに、
                    なんで進化しようとしないで
                    その場にとどまる必要があるの。

                    あるの。

                    自分自身が進むときに見るのは横の知らない誰かが出す足の置き場じゃなくって
                    自分の前方斜め上でいいと思う。

                    真面目に真剣に遊ぶんだ。
                    遊ぶのは真剣なんだ。
                    頭使って遊ぶんだ。

                    文字だって言葉だって絵だってデザインだって
                    雨だって風だって原っぱだってブランコだって


                    君以外の君へ

                    0

                      文字でいろいろ書いていると、
                      思わぬところでおかしなことになったりしてしまいます。

                      何を表現しているのか、
                      書き手の考えと読み手の受け取り方が違ってしまってもいいと、
                      自分の手から離れればそういうものだと、私は思ってきましたが、
                      多少のわかりやすさと、日常に結びついた事象であった場合、
                      差異をうまいこと調整しないと、
                      後々誤解を生み面倒ごとになってしまうかもしれません。



                      「お拾いもの」は、記憶を拾います。
                      みんながどこかに置き忘れてしまった記憶を、見つけて、拾って、ものを作ります。
                      文章も書きます。


                      なんともない日常と生活の中にちょっとの変な事。
                      私はそういうのを好みます。

                      完全な、以心伝心はありえない。
                      一個体じゃないのだから。
                      きっと人間は、期待をすることで、生きていかれるよう脳が働く生物なので、きっかけがあると結びつけてしまうことも多いんじゃないでしょうか。
                      (今、私は私自身にもそれを言いましょう。)


                      関連づけて解明の糸口を探るのは悪いことじゃないにしても、
                      書き手としては、
                      「これとこれは別物」として書いているつもりのものでも、
                      解釈によっては繋がっているように捉えられてしまったり。
                      書き方にその人の癖が出てしまうからかな。
                      考えようによってはなんとでもできちゃう。


                      自分の中にテーマがあって、それに沿って書いたり、
                      突然いいことを思いついた!という理由で書いたり、
                      この気に入ったフレーズの良さを最大限引き出せる文章考える!だったり、 その時その時で、様々だと思うんです。

                      わかる人には分かっててもらって嬉しいし、
                      分からなくても読んでもらえるのは嬉しいし、
                      そこに誰かがいてもいなくても、
                      私は楽しんで書いてるし、時には心震わせて(?)書いてるので、
                      まあ適当に見ていてもらって大丈夫です。

                      嘘ではないですし、真面目に、真剣に、ではありますけど、
                      どう見えるかが見えていないわけではなく、それなりに頭は働いているので、
                      どうか気楽に。



                      実際会えば、お拾いものは普通すぎて、むしろがっかりされてしまうでしょう。
                      ほんとすみません。



                      ■profile

                      ■calendar

                      S M T W T F S
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      252627282930 
                      << June 2017 >>

                      ■お拾いものオンラインショップ

                      お拾いものオンラインショップ
                      虫もの中心に販売中。

                      ■selected entries

                      ■リンク

                      ヨコタケイblog→翅とガラス
                      ステンドグラスの技法を使って、虫の翅など作られています。 「お拾いものとヨコタケイ」という名前で、一緒にイベントに参加したり。

                      ■categories

                      ■archives

                           

                      search this site.

                      recent comment

                      • 春の花咲く物語展~4/27まで
                        SuzyHill

                      mobile

                      qrcode

                      PR